インタビュー・コメント

クリス・サイボーグ「ヌネスはブラジル人をバカにしている」

12月29日にラスベガスで開催されるUFC232では、バンタム級チャンピオンのアマンダ・ヌネスがフェザー級チャンピオンのクリス・サイボーグに挑戦するチャンピオン同士の対戦が行われます。

スポンサーリンク

昨年のUFCサンパウロでコルビー・コビントンはブラジル人に対して侮辱する発言をしましたが、サイボーグはコビントンと一緒にトレーニングをするヌネスを裏切り者だと考えています。

サイボーグは『FanSided』で次のように語りました。

「Creonte(クレオンチ)はブラジルの言葉で裏切り者を意味する。UFCがアマンダを最初の女性ブラジル人チャンピオンにしたことは恥ずかしいと思うし、彼女が戦うときにはブラジルを代表しているのではなく、自身をアメリカン・トップチームだと呼んでいる。彼女がアメリカン・トップチームの一員としてケージに入るたびに、ブラジルのMMAファンを軽蔑しているんだ」

「ここはコルビー・コビントンと同じジムだ。彼はブラジルをとてもバカにして、その結果UFCは彼の安全性を考慮して、ハファエル・ドス・アンジョスとの試合をブラジルからアメリカへ移さなければならなかった。しかしヌネスは毎日ジムに通ってコルビー・コビントンと一緒にトレーニングをしているし、コーチも同じだ」

「ブラジル出身の私からすれば絶対にありえないことだ。チェール・ソネンがシュートボクセに行き、ヴァンダレイ・シウバやアンデウソン・シウバと一緒にトレーニングをしていると想像してほしい。彼がブラジルについて語った後で彼らが彼にトレーニングをさせたと思う?ノーだ。彼らはブラジルの名誉を守っただろう。アマンダはブラジルに対して同じ敬意を持っていないということだ」

サイボーグは母国に敬意を払っていないヌネスに対して、オクタゴンの中で教えるつもりだと語っています。

「昨年彼女が私に呼びかけたとき、私は彼女と戦いたくなかった。私はブラジル人が全ての女性階級でチャンピオンになっているのを見たいと思っていたからだ。私、アマンダ、アンドラージが全員チャンピオンになることで、ブラジルにもう一度誇りを取り戻すことができると思っていた。しかしヌネスはクレオンチのチーム出身だ。アメリカン・トップチームではチームメイト同士が戦うのが普通だからね」

「昨年彼女は私に呼びかけたが、その後戦う前に1年間を望んでいた。私が12月29日に彼女と戦うのはブラジルにいるみんなのためであり、ヌネスにリスペクトについて教えるためなんだ」

(FanSided)

 

スポンサーリンク