インタビュー・コメント

コナー・マクレガーの事件に対するホワイトのコメント

今週コナー・マクレガーがアイルランドのバーで男性を殴ったとされる動画が明らかになりました。

スポンサーリンク

この映像はまだ公開されたばかりでしたが、UFCのダナ・ホワイトはマクレガーの関与を知っていたとしています。ホワイトは今週木曜日(日本時間金曜日)に次のように語りました。

「それは4月に起こったものだ。動画を入手していたからそれが起こったことは知っていたんだ。かなりひどいね。真偽は不明だが、彼であることはかなり明確だ。どうやらこれはアイルランドのパブで起こったもので、ウィスキーを巡る口論だった。コナーは今ウィスキーを所有していて、それを巡る口論によってコナーが彼に左フックを打っていた。その文脈はわからない。会話の中身はわからないが、彼は男性の顔にパンチをしていた」

ホワイトは2週間前にマクレガーと話をしていたものの、バーでの事件についてはまだ話していなかったようです。

「彼がバーで口論していたことは知っていたけど、相手が誰かとか、詳細について私は何も知らなかった。単にそれが起こったことを知っていただけなんだ」

なおマクレガーは警察に告発されていないものの、事件は現在も調査中となっています。

ホワイトは事件を起こしたマクレガーについて次のように語っています。

「生活のために戦うファイターを扱うときには、常に何かがあるものだ。最高のファイターであるマイク・タイソンが絶頂期に経験したことを見てみるといい。プロのファイターを必要として大金をばらまくたびに準備を必要とする。災難には備えておくべきだ」

「コナーはニューヨークでバス事件を起こし、マイアミでは彼の写真を撮った男の携帯電話を叩き落としていた。彼がもうこういったことは価値がないからやめるって決断する前にどれだけかかるのか?ニューヨークでの事件は数百万ドルもかかった。彼は数百万ドルも支払わなければならなかった。男には携帯電話を弁済した。バーで殴った男に彼は何を支払うつもりなのか?そういったリストが永遠と続いていく。彼がいつこういったことをやめなければいけないと言ったのか私には覚えていないよ」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。