ニュース

スターリングが手術によりエドガー戦がなくなる

UFCバンタム級ランキング2位のアルジャメイン・スターリングは、自身のInstagramで手首の靭帯損傷による手術を受けたことを明らかにしました。

スポンサーリンク

彼の投稿によると、11月2日にマディソン・スクエア・ガーデンで開催されるUFC244でフランキー・エドガーとの試合の話があったものの、ニューヨーク州アスレチックコミッションから認められなかったと語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

For the last 2 years, I’ve been dealing with a Scapholunate ligament tear in my wrist. Depending how bad you let the injury get can weaken/affect your grip strength, reduces the weight you can lift, the pressure you can put on it, and over time gets extremely painful to do daily activities, like washing my back and my ass! 😅💀 – I kept pushing through the injurys’ limits and telling the doctors that I would be fine with not getting surgery. 💁🏾‍♀️ Recently I was offered a HUGE fight, so I was going to push the limits again, despite having less strength than my left hand (I’m right-handed) to fight the legend, Frankie “The Answer” Edgar, at @thegarden!! – Unfortunately, the NYSAC wouldn’t approve me in time to fight at home for Nov. 2nd. Although the wrist pain got significantly worse from fighting Pedro Munhoz, I was really disappointed, but recognized that maybe this was Gods plan for me. I’ve been searching for clarity or a sign…maybe this was it… Either way, I was ready to risk it all again for a dream come true fight against a legend in my hometown!! I risked it before, right? So why not do it again, as my homecoming to FINALLY fight at home?! – That was my mindset and sometimes us fighters are our worst enemies. Us fighters NEVER fight at 100% anyway, which is why we are, who we are that live this life and do crazy shit that we do! All for a moment of glory, that could last a LIFETIME! 💯 Thank you to @seanshelby @danawhite and everyone on the @UFC medical team for taking care of me. And my manager, Lloyd, and girlfriend @rebeccacruise for coming and being here for me 🙏🏾 • #FunkStillGotNext! #RoadToRecovery #Surgery #Scapholunate #Ligament #UFC #ESPN #DrHotchkiss #NYC #HSS #LookAtTheFlickOfThatWrist #MSG #TheWeeklyScraps

Aljamain Sterlingさん(@funkmaster_ufc)がシェアした投稿 –

「過去2年間、私は手首の靭帯損傷のケガに対処してきた。ケガの状況に応じて握力を弱めたり、ウェイトの重さを減らしたりしたが、時間が経つにつれて毎日の活動が非常に苦痛になっていった。ケガの限界を超えて、手術をしなくても大丈夫だと医師に言い続けてきたんだ」

「最近になってビッグマッチのオファーをされたから、マディソン・スクエア・ガーデンでレジェンドのフランキー・エドガーと戦うのに左手よりも利き手である右手の力が弱まっているにもかかわらず、再び限界を超えるつもりだった!」

「残念ながらニューヨーク州アスレチックコミッションが11月2日にホームで戦うことを許してくれなかった。手首の痛みはペドロ・ムニョスとの試合で著しく悪化して、私は本当に残念に思ったが、これが私にとって神の計画かもしれないと認識している」

「いずれにせよ、私のホームタウンでレジェンドと対戦するという夢を実現するために、全てをかける準備は出来ていた!私は以前にもそうしていたよね?だから故郷へ戻ったときにもう一度やってみないかい?!」

復帰時期については明らかにされていませんが、スターリングは手術を受けたために今後しばらくは欠場するものと思われます。

またエドガーは最近フェザー級からバンタム級への移行を明らかにしていましたが、今後は新たな対戦相手を探すことになりそうです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。