ニュース

ルーク・ロックホールドが引退を検討している

元UFCミドル級チャンピオンのルーク・ロックホールドが引退を検討しているようです。

スポンサーリンク

『ESPN』は、今週木曜日(日本時間金曜日)にロックホールドが再び試合をしないことを考えていると伝えています。

ロックホールドは『ESPN』に対して「今は戦うことに興味がないんだ」と語っており、再び戦うつもりがないのかと尋ねられたとき、「まさにそうだ」と答えたということです。

しかしロックホールドは完全に扉を閉めてしまうことを好んでおらず、すぐに引退発表をすることはないものの、UFCへの復帰は将来の計画にないことを明確にしています。

長い間ミドル級で戦ってきたロックホールドでしたが、今年7月のUFC239ではライトヘビー級に移行してヤン・ブラホビッチと対戦しました。

しかしロックホールドは第2ラウンドでノックアウト負けになった後、顎を骨折したために手術を行い、5日間ワイヤーで顎を固定していたと語っています。

なおロックホールドはもし引退したとしても、モデルの仕事で成功しており、ポロ・ラルフローレンの広告にも登場しています。

さらに『ESPN』によると、来月には映画に出演するために撮影を開始する予定だとし、さらに教育事業をスタートさせるなどマルチに活躍していくことになるようです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。