インタビュー・コメント

コビントン「ウスマンよりウッドリーと戦いたかった」

タイロン・ウッドリーがウェルター級チャンピオンだったとき、コルビー・コビントンは常に対戦を呼びかけてきて、ついには暫定ウェルター級タイトルを獲得しました。

スポンサーリンク

そのためタイトル統一戦で試合が実現すると思われたものの、コビントンはケガにより出場できなかったために、代わりにUFC228でダレン・ティルが出場しました。

それによってコビントンは暫定タイトルを失っています。

その後ウッドリーがカマル・ウスマンに敗れたために、12月14日にラスベガスで開催されるUFC245のメインイベントではウスマン対コビントンのウェルター級チャンピオンシップが決定しています。

しかしコビントンはウッドリーとの試合の方がより大きなものになっていただろうと考えています。コビントンは『MMA Junkie』のインタビューで次のように語りました。

「間違いなくウッドリーとの試合ほど大きなものではないね。私がその試合のためにどれだけ多くプロモーションしていたか。私は彼に2年間呼びかけていて、みんな私たちの背景にあるストーリーを知っている。私たちはアメリカン・トップ・チームで一緒にトレーニングをしていて、彼はダン・ランバートの同じ屋根の下にいた。ダン・ランバートは私のエージェントであり、とても多くのストーリーがあるんだ」

「それに私たちは政治的なものに対しても敵対関係だ。彼はリベラルなスノーフレーク(政治的な左派)だ。私はチームMAGA (Make America Great Again=再びアメリカを良くしよう)で、そこにMAGAボムを投じているんだ。だからウッドリーとの戦いには様々なアングルがあるんだよ」

世間はみんなウスマンに興味はなく、UFC245は自分を見るために関心が集まるはずだとコビントンは語っています。

「マーティ・フェイクニュース・マン(=ウスマン)との試合には、それほど多くのアングルはない。彼は退屈なファイターであり、誰も彼のことに関心を示していないよ。人々が12月14日に注目する唯一の理由は、みんな私が勝つかノックアウトされることを望んでいるからであり、私を見るためだけに関心を持っているのであって、誰も彼のことを気にしていない。だからウッドリーとの試合がなくなったのはちょっと残念だったけど仕方がないことだね」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。