インタビュー・コメント

イスラエル・アデサンヤ「ウィテカーは簡単に倒せると思う」

10月6日にオーストラリアで開催されるUFC243のメインイベントでは、ミドル級チャンピオンのロバート・ウィテカーと暫定チャンピオンのイスラエル・アデサンヤがタイトル統一戦を行います。

スポンサーリンク

ウィテカーはこれまでヨエル・ロメロやジャカレイ・ソウザに勝利しており、ミドル級に転向してからは負けていません。

一方のアデサンヤはキャリア17試合で無敗を誇っていますが、UFC243のメディアカンファレンスコールでアデサンヤは、ウィテカーを倒す自信について語っています。

「彼のことは簡単に倒すはできると思う。私は挑戦者としてこれまで彼と対戦したことはないが、彼が多くの難題を私にもたらすとは思っていない」

「彼は上手くやるだろうと思うけど、彼には私がこれまでに見たことがないある程度のぎこちなさもある気がする。もちろん彼は私が間違っていると証明することはできるけどね。私がこれまで見てきたところだと、彼のことをかなり簡単に倒すことができると思っているよ」

アデサンヤはウィテカーと比べてリーチが7インチ(約17cm)も長いことから、それが有利に働くと考えています。

「100%有利に働くよ。私は自分が持っているものをとても上手く使っている。彼の陣営が見ているのは私の最後の試合だと思う。彼らは私のことをケルヴィンと接戦だったんだって思うだろう。それは美しく作られたゲームプランが単に間違っていたために接戦になったんだ。でも私たちはそういった間違いや不適切な判断については対処している。だから私はいつものように、自分の身長とリーチを活かして戦うだけだよ」

ウィテカーは今年2月にUFC234が決定していたものの、直前になって試合がキャンセルになったことから、2018年6月以降試合を行っていないことになります。

1年以上も試合をしていないことについて試合勘の欠如は問題ないとウィテカーは語っているものの、それについてアデサンヤは試合勘は関係しているとしながらも、自分のやるべきことに集中していると語っています。

「試合勘については、彼が自分を信じ続けるために言わなければいけなかったことだ。でもあるホールで50人の前で戦うのと、スタジアムで6万人の前で戦うことは大きな違いがある。私はアクティブに戦ってきたが、彼はそうではなかった。私には勢いがあるが、彼にはない」

「彼の試合勘が本当にないのかは気にしていないし、私はとにかくやることをやるだけだ。彼がどうなのかは本当に関係ないことだね。結局のところ、私は自分のことに集中するだけだよ」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。