ニュース

試合予定のないユライア・フェイバーが公式計量に登場

5月16日に行われるUFCファイトナイトの公式計量が行われ、メインイベントに登場するアリスター・オーフレイムが253ポンド、ウォルト・ハリスが264.5ポンドでヘビー級マッチが行われることになります。

スポンサーリンク

またこれまでライト級で戦ってきたエドソン・バルボーザは、今回の試合でフェザー級に合わせて145.5ポンドとなり、公式計量をクリアしています。

今回の公式計量でサプライズとなったのは、試合が予定されていないユライア・フェイバーが登場したことです。

フェイバーは昨年12月のUFC245でピョートル・ヤンとバンタム級の試合に出場して以降、次の試合は決定していませんでした。

フェイバーが登場した理由について『ESPN』によると、マルロン・ヴェラと対戦予定のソン・ヤドンがビザの問題により出場できない可能性があるからだということです。ヤドンはチーム・アルファメールでフェイバーの下でトレーニングをしています。

なおヴェラ、ヤドンともに、今回の公式計量では145.5ポンドでフェザー級の規定体重をクリアしています。

ところが驚くべきことに計量に登場したフェイバーでしたが、体重を測ると153.5ポンドでした。フェザー級の規定となる146ポンドからはかなりオーバーしています。

その理由について『ESPN』のアリヘル・ヘルワニは次のように語っています。

「ユライア・フェイバーは今日の計量にサプライズで登場した。彼は計量で153.5ポンドだった。彼が計量した理由は、145.5ポンドのソン・ヤドンがビザの問題を抱えていて、明日戦うことができない可能性があるからだ。彼らはそれを解決しようとしている」

「現在2つの主な問題がある。イベントに間に合うのかどうか、そしてもしそうでなければフェイバーは145.5ポンドのヴェラと戦うことをコミッションは許可するのかどうか。現時点で全ては流動的だ」

フェイバーは現時点で正式に試合をすると決まったわけではありませんが、いざというときのために備えての計量だったようです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。