インタビュー・コメント

マスヴィダル「負けた言い訳をするつもりはない」

UFC251のメインイベントではカマル・ウスマンがホルヘ・マスヴィダルに勝利して、ウェルター級タイトルを防衛しました。

スポンサーリンク

この試合は当初ギルバート・バーンズが出場予定だったものの、新型コロナウイルスの検査に陽性となったことから、試合6日前にホルヘ・マスヴィダルが出場することになりました。

ギリギリで出場したものの試合に敗れたマスヴィダルは試合後の記者会見で、本来であればもっとやれていたとしながらも、負けたことの言い訳をするつもりはないと語りました。

「土壇場での出場はイヤだね。言い訳をするつもりはない。今夜は彼の方が優れていた。ただ彼に十分な称賛ができない部分がいくつかあったし、もっと良いトレーニングキャンプをすれば間違いなく彼を越えることができると感じた部分もあった。6日前の決定で自分のレスリングの多くを見せられたと思うが、テイクダウンもグラウンドでの抑え込みも結構大変なことだ」

「ミスが多かったね。自分のスタミナが最も優れているとは思っていないから、得意なところで戦おうとした。彼の方がより上手く戦っていたよ。お互いの距離が空いたとき彼はクリンチをして彼のペースに戻すことができた。だから彼の価値を落とすようなことは言いたくない。彼は正々堂々と勝利した。何としてでもヤツの目の前にもう一度現れて、今度は自分が勝利を手にするつもりだ」

「みんなわかっているだろうけど、減量は厳しかったんだ。だがここで言い訳をするつもりはない。彼は勝利した。俺は自分自身に賭けたんだ。ベストなスタミナがないことはわかっていたが、それでも俺は危険なヤツさ。6日でも1日でも6週間でも彼に敬意を表する。また戦おう。彼は俺がちょろいヤツじゃないってわかっているはずだ。ただ多くの人たちを失望させてしまったような気がするよ。クソみたいなパフォーマンスだったからね」

今回ウスマンと戦ったことを踏まえて、マスヴィダルは次回に向けてすでに対策は出来ていると語ります。

「次回彼をどうやって倒せばいいか、すでに頭の中に良いやり方が浮かんでいるんだ。それには多くのスタミナ、コンディショニング、ハイレベルな相手とのレスリングの練習が必要だ。これでヤツを倒す方法がはっきりしたよ」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。