インタビュー・コメント

アデサンヤ「コスタ戦もいつもの試合と変わらない」

今週末に行われるUFC253のメインイベントでは、イスラエル・アデサンヤ対パウロ・コスタによるミドル級チャンピオンシップが行われます。

スポンサーリンク

両者とも無敗同士の対戦であり、現時点でのミドル級頂上決戦となります。

アデサンヤは今週行われたメディアデーでコスタとの対戦について尋ねられたものの、重要な一戦だとは考えていないと語りました。

「正直言って、そうでもないよ。大きな試合だとわかっているし、上手くいくとも思っている。しかしただの試合だし、ただいつもの仕事に過ぎないと思っているよ」

対戦するコスタは今回の試合をUFCミドル級史上最高の試合になると語っていますが、アデサンヤはその考えを否定し、コスタが無敗である理由について語っています。

「いや、そうは思わないね。彼は十分な戦績を収めていない。彼が倒した相手を見ればわかることだ。気を悪くしないで欲しいが、彼が倒したのは最盛期を過ぎたジョニー・ヘンドリックスだ。さらに彼はあの試合で調子が良かったユライア・ホールに勝っており、それはホールにとってベストパフォーマンスの一つだ。しかしユライア・ホールは意志に反して負けてしまったが、時に彼はメンタル的に荒っぽくなるからだ。そして彼は引退間際のヨエル・ロメロに勝っているが、それでは史上最高のミドル級マッチにはならないと思うね。私はすでにケルヴィン・ガステラムとやって勝っているから、そういった試合は過去にやっているよ」

これまでの試合と変わらないとするアデサンヤですが、コスタのことを軽視はしないと語っています。

「軽視はしたくない。大事な試合だと思っているよ。素晴らしい試合になるだろう。ダナ・ホワイトが語っていたように、みんなファイト・オブ・ザ・イヤーになると言ってるね。でもそれは彼が私から5ラウンドも殴られるのに耐えられるほどのタフさを持っている場合に限られることだ。彼のスタミナが持つとは思えないね」

「私のレガシーにとったら、見た目だけだよ。みんな彼の筋肉や大きさに騙されて、『これがファイターの姿なのか!』って思うんだ。特にカジュアルなファンにはね。彼らは痩せた道化師が筋肉バカを倒すのを見たら、おそらく『痩せているヤツが筋肉質なヤツを倒したぞ!どうやったんだ?』ってなるはずだ。彼らの心を揺さぶること、特にそれが私のやり方だよ」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。