UFCのニュース、選手のコメント・インタビュー、対戦の噂などを本場アメリカから最新の情報をお届けします。

TJディラショーのEPO問題 UP DATE

2019.04.10

元UFCバンタム級チャンピオンのTJディラショーは、EPO(赤血球を増加させるドーピング)を行っていたことにより、USADAから2年間の出場停止処分を受けることになりました。

ディラショーはこれに対して異議申し立てを行っていないことから、この件を事実上認めたような形になっています。なお本人による公式声明は現時点でまだありません。

『ESPN』のジャーナリストであるオカモトは、今回の件で新たな情報を伝えています。

「ディラショーのEPO問題でもう一つの情報は、USADAが遡って12月28日に提出されたサンプルを再検査したら、それもまたEPOが陽性だった。最初の検査で検出されなかったのは、EPOを明らかにするために特別な検査が必要だからであり、その検査は全てのサンプルに行われるわけではない」

ディラショーは1月19日に行われたヘンリー・セフードとのチャンピオンシップの直前のサンプルで陽性反応となっています。

ところが実際には12月28日のサンプルがすでに陽性反応となっていたため、以前からEPOを使っていた可能性が出てきます。

ちなみにアメリカのネット上では、ライバルのコーディ・ガーブラントが2018年4月のTwitterですでにディラショーによるEPOを批判していたことが話題となっています。

ディラショーがいつから行っていたのかはまだ明らかとなっていませんが、UFCチャンピオンによるEPO問題はすでに大きな衝撃となっています。

(ESPN)

 

関連記事