UFCのニュース、選手のコメント・インタビュー、対戦の噂などを本場アメリカから最新の情報をお届けします。

ジェシカ・アンドラージ「ナマユナスが無事で良かった」

ブラジルのリオデジャネイロで開催されたUFC237のメインイベントでは、ジェシカ・アンドラージがチャンピオンのローズ・ナマユナスを第2ラウンドで下してタイトルを獲得しました。

最終的にはフィニッシュしたものの試合はアンドラージにとって容易なものではありませんでしたが、勝利にはコーチの応援と完璧な戦略が役立ったようです。

アンドラージは試合後の記者会見で、今回のパフォーマンスについて次のように語っています。

「血が目に入って何も見ることができなかったから、私の打撃を彼女がかわしていることに気づいていたけど、戦略は正しかったから落ち着いていました。ラウンド間にマスター(コーチ)と話をして彼は、彼女が疲れているし全て大丈夫だからこのままキックを続けていこうと言っていました。そしてそれが上手くいったのです。私が彼女をフェンスに当てたとき、彼は上手くいくからどんどん行けって言っていました。自分がパイルドライバーをやりにいくとは思わなかったですね」

パイルドライバーを繰り出したことがKOにつながったアンドラージでしたが、ナマユナスがぐったりしていたことに対して当初は心配だったと明らかにしてます。

「彼女がぐったりと横たわっているのを見て、審判が止める前に私は2発パンチを打ちました。でも私はそれがどれほど深刻なものかはわかっていなかった。私たちは戦っても無事なまま試合を終えるためにトレーニングしています。だから彼女のことが心配でした。でも後で彼女が目覚めて、大丈夫だってことがわかって安心しました。彼女が無事だったことを祝福したい。全て上手くいったし、なにより彼女を殺さなくてよかった(笑)。そうなるとは想像もしていませんでした」

新チャンピオンになったアンドラージは今後タイトル防衛戦を行っていくことになりますが、特にストロー級ランキング3位でキャリア無敗のタチアナ・スアレスや4位のニーナ・アンサロフが脅威であると語っています。

「最も危険な選手はタチアナだと私は思っています。彼女はグラウンドが素晴らしい。私は柔術に優れているけど、彼女は素晴らしいグラップラーだからそれに注意しなければなりません。立った状態だと、私をノックアウトすることは誰にとっても難しいだろうと思っています。私はあごが強いので全て上手くでしょう。今はダメージを受けて傷もありますが、いずれ戦うことになるでしょうね」

(mmafighting)

 

関連記事