UFCのニュース、選手のコメント・インタビュー、対戦の噂などを本場アメリカから最新の情報をお届けします。

チアゴ・サントス「ジョーンズ戦に向けてあらゆる準備をする」

7月6日にラスベガスで開催されるUFC239のメインイベントでは、チアゴ・サントスがジョン・ジョーンズのライトヘビー級タイトルに挑戦します。

サントスはジョーンズのことを高く評価しており、試合に勝つためにはあらゆる準備が必要であると考えています。

サントスは『MMA Junkie』に対して次のように語りました。

「彼はとても頭の良い選手だから全てのことに準備しておく必要がある。至るところで彼に痛い目に合わせるためにあらゆることに備える必要があるんだ。もしそれがグラウンドであっても、立った状態でも、フェンス際でもだ。そうなると思うね」

「もし公式や秘訣があるならば、すでに誰かが考え出していただろう。それはわかり切ったことだ。私たちはそれに取り組んでいるし、コーチは彼のことを研究している。でも彼はとても頭の良い選手だと思う。彼は順応するんだ。もし立った試合が悪ければ、彼はグラウンドに移行する。もしグラウンドがダメなら、彼は立った状態で戦う。中央での戦いが良くなければフェンス際に移行するだろうし、フェンス際がダメなら彼は中央で戦うはずだよ」

ジョーンズの欠点を分析しているサントスですが、今のところ欠点は見つかっていないと語ります。しかし試合前ということで、戦略の全てを語ることはしていないのかもしれません。

「私たちは彼の試合で弱点を確認することができなかった。でも私たちは彼がグラウンドで相手に背を向けているのを見たことがない。彼は上からの激しいグラウンド・アンド・パウンドにはどのような反応を見せるだろうか。でもとにかく私はこれまで以上に全てに対して準備をする必要があるんだ。彼は非常に多才な選手だし、どんな試合であっても適応してくる。だから私の戦略は、彼がどこにいようと彼の気分を悪くさせないことだね」

 

関連記事