ニュース

トニー・ファーガソンが眼窩の手術を回避する

UFC249のメインイベントでジャスティン・ゲイジーと壮絶な打撃戦を行ったトニー・ファーガソンは、多くのダメージを受けたことから試合後に地元の病院へ運ばれることになりました。

スポンサーリンク

試合終了後にはファーガソンは眼窩を骨折したことで手術を必要とすると報じられていたものの、『MMA Junkie』によると、さらなる検査によって今回のケガには手術を必要としないだろうとファーガソンのチームが語ったいうことです。

その結果、ファーガソンは当初予定されていたよりも早くオクタゴンに復帰できる可能性があると伝えています。

なお試合後にファーガソンは、フロリダ州ボクシングコミッションから60日間のメディカルサスペンションを受けています。

またUFCのダナ・ホワイトによると、この試合に勝利したゲイジーは今年9月頃にライト級チャンピオンのハビブ・ヌルマゴメドフとタイトル統一戦を行うことが期待されています。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。