インタビュー・コメント

ダニエル・コーミエがUFC APEXでの試合について語る

8月15日のUFC252では、スティーペ・ミオシッチ対ダニエル・コーミエによるヘビー級チャンピオンシップが予定されています。

スポンサーリンク

UFCのダナ・ホワイトによると、このイベントはラスベガスにあるUFC Apexで行われることになるようです。

現在もこの施設でイベントが行われていますが、通常UFCが使用している30フィートオクタゴンに比べて小さい25フィートのオクタゴンが使用されています。

コーミエは『ESPN』のインタビューで、オクタゴンが小さいためにレスリング中心の試合になるだろうと予想しています。

「APEXで戦うのが好きなんだ。ただカーティス・ブレイズのようになってしまうかもね。25分間立ったまま戦うのが見たいなら、そうはならないだろう。スティーペがレスリングシューズを持ってくればいいけど。だってケージが小さいから片足を取り合うレスリングになるだろうからね。すまないが仕方がないことなんだ」

しかしコーミエはUFC Apexやケージが小さかったとしても、正式なタイトルマッチであることに変わりはないと主張します。

「スティーペ・ミオシッチと私はヘビー級チャンピオンシップを戦うことになる。どこかのビーチで戦おうが、変わらず正式なチャンピオンシップの試合になるだろう。それが今の現実だ。むしろ試合をしない方がいいのか?それも今の世界だよ。だから予定されている場所で戦わなければならないんだ。それが現実だよ。大きなケージでも小さなケージでも、自分のやるべきことをするだけだよ」

現在ミオシッチは30フィートのケージで試合をすることを望んでいるとされていますが、コーミエはケージの大きさが結果に影響を与えることはないと語っています。

「彼はそれを望んでいるのかもしれないが、それが何かを変えることはないね。25フィートであっても、30フィートであっても、みんなが見ることになるのは新ヘビー級チャンピオンとしてダニエル・コーミエが呼ばれるシーンだ。それだけだよ。私にとっては8月15日に何が起こるのかが重要なことなんだ」

試合を前にしてコーミエはケガが回復しており、調子が戻ってきているようです。しかしこれ以上現役を続けていても得るものはなく、この試合でタイトルを獲得するのを最後に引退するという考えは変わっていないと語っています。

「これについては真剣に話したいね。誰もがトップに立ちたいと思っている。しかしそれをいつまでも追い求めるならば、最終的には誰かに取られてしまうんだ。だから(続けることについては)ノーだ。トップがいいんだ。これ以上ビッグなことはない。世界ヘビー級チャンピオンシップをかけたトリロジーファイト(3試合目)だ。これ以上何を求められるだろうか?」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。