サイトアイコン MMA Night ~UFCの最新ニュース from USA~

ヴォルカノフスキー「ライト級タイトルが欲しいだけだ」

現フェザー級チャンピオンのアレクサンダー・ヴォルカノフスキーは、上位コンテンダーに勝利しており、次は一つ上の階級になるライト級に焦点を当てています。

現在のライト級チャンピオンは空位となっており、UFC280でチャールズ・オリベイラとイスラム・マカチェフが対戦します。

ヴォルカノフスキーは『The MMA Hour』に出演し、元ライト級チャンピオンのオリベイラとの試合について語りました。

「結局のところ、私はただベルトが欲しいだけなんだ。より大きな試合は何だと思う?間違いなくチャールズ・オリベイラとの試合だと思うね。彼とならかなり盛り上がるだろう。エキサイティングな試合になることはわかっているし、彼は見ていてとてもワクワクする。彼を見ていてワクワクするのは理由があるんだ。これは彼を非難しているわけではなく、むしろ尊敬しているが、多くの人たちは彼がダメージを受けているという事実を見逃していると思う。だからこそエキサイティングなんだ。でもとても楽しいよ。多くの人は彼を称賛しているが、私はビッグファイトを望んでいる。チャールズ戦は間違いなくビッグファイトだと思うよ」

ヴォルカノフスキーはもしマカチェフがオリベイラに勝利してライト級タイトルを獲得すれば、マカチェフと戦うつもりだと語っています。

「もしイスラムがタイトルを獲得するなら、私はイスラムと戦う。相手は誰だろうと関係ないし、タイトル戦を戦うつもりだ。彼らはどちらも異なる課題を抱えていて大きな挑戦をしているから、それによって私もワクワクさせてくれるんだ。大きな挑戦はいいね。なぜなら私は人から疑問を持たれるのが大好きだからだ。アンダードッグになるのが好きだが、自分の階級でアンダードッグになるのはしばらく先になるかもしれない。だが階級を上げれば成し遂げられないと思っている人がたくさんいるだろうし、私ならそれができることを示すつもりだよ」

モバイルバージョンを終了