インタビュー・コメント

ホワイト「タイソン・フューリーはMMAをやるべきではない」

ボクシングヘビー級のスーパースターであるタイソン・フューリーは、最近WWEのリングに上がってプロレスの試合を行いました。

スポンサーリンク

さらに今度はMMAにも興味を示しており、先日フューリーはUFCへの出場についても『IFL TV』のインタビューで語っています。

「元UFCヘビー級チャンピオンであるフランク・ミアからメールをもらっていて、彼は私と一緒に働くことに興味があると言っていた。だからいろいろできるって考えているよ。ダナには私に連絡をしてきて欲しいね」

「誰とでもビッグファイトにするよ。私は誰に対しても恐れていない。UFCヘビー級チャンピオンは誰?スティーペ・ミオシッチ?彼は再戦でダニエル・コーミエに勝っており、良いボディへのパンチだったね。彼とはすぐに戦いたいし、何の問題もないよ」

ところがこのコメントについてUFCのダナ・ホワイトは、否定的な見解を示しています。

ホワイトは『TMZ』のインタビューで、フューリーはボクシングの選手であり、MMAに来る必要がないと語りました。

「タイソン・フューリーは非常に人気のある需要が高いヘビー級ファイターだ。世界でもトップファイターの一人だし、現時点でトップ4に入ると思っている。彼は素晴らしいファイターであり、正しい道を邁進している。ヘビー級史上最大の試合を3つ4つ行う可能性だってある。なのになぜここに来て殴られる必要があるんだ?」

「タイソン・フューリーは今がピークだ。彼はボクシングの選手であり、ボクシングの世界ではトップ4の一人だ。なぜここに来ることを考えるのか?」

「確かに何だって可能だ。もしタイソン・フューリーがMMAで戦いたいと思うのなら、彼と戦いたい選手はたくさんいる。理由がわからない。なぜなのか理解できないね。“私たちはタイソン・フューリーが大好きだから、彼を連れてくるよ”って私は言い続けるべきなのだろうが、今は両方のスポーツを見ている。3年前の私がボクシングを見る前だったら、“タイソン・フューリーぜひ私に連絡をして欲しい”って感じだっただろうね」

スポンサーリンク

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    2メートル6センチもあったらあっという間にテイクダウンされて終わりだと思う

  2. ぐっさん・ホロウェイ より:

    マイクタイソンでは、無いのね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。