インタビュー・コメント

ドミニク・レイエス「次の試合は復活するチャンスだ」

今週末のUFCファイトナイトではドミニク・レイエスとイリー・プロハースカが対戦します。

スポンサーリンク

レイエスはキャリア無敗を続けていたものの、当時ライトヘビー級チャンピオンだったジョン・ジョーンズに敗れた後、昨年9月には空位となったタイトルをかけてヤン・ブラホビッチと対戦したものの、敗れる結果となりました。

連敗となったブラホビッチではキャリア初のノックアウト(TKO)負けとなっています。

レイエスは今週UFC Apexで行われたメディアデーで、連敗から気持ちの面で立ち直りつつあると明らかにしました。

「2回目の敗戦で初めて打ちのめされた。厳しかったね。たくさん反省したし、自分自身の考え方やキャンプなども多く分析した。最悪だったがそれは不幸中の幸いで、本来の自分らしい姿に戻ることができたんだ。戦うことにもう一度ワクワクしたり、全ての過程を楽しんだりしているよ」

レイエスはソーシャルメディアから離れたことで、良いメンタルで試合に臨むことができると語っています。

「ソーシャルメディアは有害なものだ。それに気づいていたんだが、私は全てのコメントを読んで返信し、メッセージを送ってくる荒らしにも返していた。それはとても良くないことだ。特にこのようなスポーツではメンタルの状態が試合の80%を占めるから非常に悪いことだね。もし精神的に余裕がなければ、100%の準備ができていなければ非常に苦しい戦いを強いられることになり、私は前回の試合でもそれを経験したけど、今では全てを認識している。ベールがはがされたような感じで裏側を見ることができた。今は全てをありのままに受け止めて、小さな瞬間を楽しんでいるよ。些細な事だけどね」

対戦するプロハースカはUFCで2戦目にしてレイエスと対戦することになります。レイエスはその実力を認めつつも、勢いを取り戻すチャンスとして捉えています。

「彼はスキルを磨ききっていなかったから早い段階でUFCに来なかったのは賢かった。でもまだ私を倒せるほどではないと思っている。このチャンスに興奮しているよ。かつて私がそうだったようにこの男は過大評価されており、私にとっては全てを取り戻すチャンスでもあるんだ」

「勝つために成功するためにできる限りのことをしている。私は勝つことが大好きだ。勝つことが嫌いな人はいないだろう。これまでに多くのスポーツをしてきたが、オクタゴンで他の選手に勝って手を挙げてもらうことほど、気持ち良さを感じるものはないんだ。やみつきになるし、あの気持ちを取り戻したいね」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。