インタビュー・コメント

ビスピン「レスナーは絶対にUFCで戦うつもりだ」

2月25日にラスベガスで開催されたWWEエリミネーション・チェンバーでロンダ・ラウジーが登場したことが大きな話題となりましたが、一方で同日、UFCのダナ・ホワイトはTwitterにブロック・レスナーとの写真を投稿しました。

▼UFCを観るならWOWOW▼
wowow

エリミネーション・チェンバーが開始されて5分後に投稿されたものですが、噂によると、この写真はその日にラスベガスで撮られたものだとされています。レスナーはその日WWEに出場予定はありませんでした。また彼が写真でUFCのTシャツを着ていることも興味深いです。

またその後ホワイトは、『SiriuxXM NASCAR Radio』でレスナーの復帰の可能性について尋ねられたとき、「They’re very, very, very good」と語りました。

さらに今週行われたWWEの番組であるRAWは、4月8日のレッスルマニアに向けてブロック・レスナーが登場する予定で宣伝までされていたものの、実際には彼は登場することなく、バックステージにもいなかったということです。そのため本番のシナリオも急きょ書き換えられたとされています。

ブロック・レスナーのUFC移籍についてさまざまな憶測が広がっていますが、元UFCミドル級チャンピオンのマイケル・ビスピンは、自身のポッドキャスト『Believe You Me』でレスナーのUFC復帰について次のようにコメントしています。

「ブロック・レスナーは絶対に、絶対に、絶対に、絶対にUFCで戦うつもりだ。言っとくけど、私はブロック・レスナーがUFCで戦うだろうと聞いているんだ。実際には私はそれについて話すつもりはないよ。(MMAジャーナリストの)アリエル・ヘルワニのようなことはしたくないんだ。しかし私は彼がUFCで戦っていると聞いている。彼が契約をしたかどうかはわからないが、試合の可能性については認識している。誰かが彼と戦うことを望んでいるみたいだ。それが私が認識していることだよ」

ブロック・レスナーは2016年7月のUFC200でマーク・ハントと戦いましたが、終了後にUSADAの検査に陽性反応となったことで1年間の出場停止処分となりました。

本来であれば2017年7月には試合に復帰できるはずですが、彼は事実上UFCを去ったということで、約6ヵ月間の出場停止期間が残っているとされています。

レスナーとWWEとの契約は4月のレッスルマニアまでとされており(8月まで延長できる噂もある)、UFCに復帰してもすぐの出場はできない可能性があります。

しかしダナ・ホワイト、マイケル・ビスピンの反応を見る限り、レスナーのUFC復帰はかなり現実的なものであると言えるのかもしれません。

(BJPENN.com)