インタビュー・コメント

イスラエル・アデサンヤ「ウィテカーはまだ暫定チャンピオンだ」

10月6日にオーストラリアで開催されるUFC243では、ロバート・ウィテカー対イスラエル・アデサンヤによるミドル級タイトル統一戦が行われます。

スポンサーリンク

ウィテカーは昨年のヨエル・ロメロとの一戦で見せたタフネスさを称賛されていますが、アデサンヤは自分の試合のパフォーマンスの方がそれを上回っていたと考えています。

アデサンヤはオーストラリアで行われた『MMA Junkie』とのインタビューで次のように語りました。

「判定だった私の最後の2試合と彼の最後の2試合を見ると、私の方がより良いファイターだってわかる。もちろんMMAの計算はそんなに上手くいくわけではないが、最後の試合の5ラウンドだけ見ても、私の方が示していたと思っているよ」

「彼の最後の試合の最終ラウンドを見れば、彼が43歳のレスラー(ヨエル・ロメロ)にどうやって向かっていったのかがわかるはずだ。でも私は43歳のレスラーのような打撃はしないし、彼のように攻撃を選んだりはしない。もし相手にダメージを与えたとしても体をぶつけてガス欠なんてするつもりはない。私は的確な攻撃によって彼を片付けるんだ」

アデサンヤはケルヴィン・ガステラムに勝利して暫定ミドル級タイトルを獲得しましたが、それ以上にUFC243では大事な一戦となります。

キャリア最大とも言える試合に向けてアデサンヤは、準備のために特別な変更をする必要はないと主張しています。

「私が言い続けているのは、同じエネルギーを保ち続けないといけないってことだ。私たちがやるのは、より良いファイターや格闘家になろうとすることだけだ。それはキャンプでも変わらない。ただ試合で良いパフォーマンスをするために取り組んできたんだ。さらにコーチは映像などで全てのものを研究しており、それに応じてゲームプランも組み立ててきた」

「これが史上最大の戦いだから余計に頑張ろうなんて思ってはいないよ。余分に働くのはいつものことだ。私はいつも自分をプッシュしているから何も変わらない。ただ同じエネルギーを維持するだけなんだ」

ウィテカーは2017年7月にヨエル・ロメロと暫定ミドル級タイトル戦に勝利して、暫定チャンピオンとなりました。

その後チャンピオンだったジョルジュ・サンピエールがベルトを返上したため、ウィテカーが正式なミドル級となりました。

そしてウィテカーにとって最後の試合である昨年6月のロメロとの再戦では、ロメロが計量オーバーによりノンタイトルマッチへと変更になりました。

これらの経緯からアデサンヤは、ウィテカーに対してまだ暫定チャンピオンのままであると語っています。

「見たとおりに呼んでいるだけだ。私はウソをついたことがない。真実でないことを言ったことは一度もなかった。私が彼のことを暫定チャンピオンだったと言い続けていることは彼もわかっていると思う。いつ彼がアンディスピューティッド・チャンプ(誰もが認めるチャンピオン)になったのかわからない。私がウソをついている?正確だよ。彼は暫定チャンピオンだ。私が手に入れたのも暫定ベルトだ。それからもう一つ手に入れることになるから、私はダブル暫定チャンピオンになるんだ」

UFC243はウィテカーの母国であるオーストラリアで開催されますが、アデサンヤはタイトルを獲得することよりも、ウィテカーに勝つことが重要であると語りました。

「タイトルは問題ではない。この場所で彼を打ち負かすことが重要なんだ。それが目標だよ。ベルトはどうでもいい。彼らにはすでに私が持っているベルトの方が良く見えているからね。彼の母国で彼のような素晴らしい選手を倒すこと、ただそれだけが目標なんだ」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。