インタビュー・コメント

ホワイトがマクレガー勝利ならタイトル戦の可能性を示唆

UFC254で引退を表明したハビブ・ヌルマゴメドフは、今でもオクタゴン復帰の可能性はないと主張しているものの、UFCのダナ・ホワイトは現在でも諦めてはないようです。

スポンサーリンク

ホワイトは今月中に再びアブダビで会う予定であり、少なくともあと1試合行ってもらうために交渉するつもりだとしています。ホワイトは『ESPN』のインタビューで次のように語っています。

「彼はもう一度戦うべきだと考えているから彼と話し合っているんだ。ジャスティン・ゲイジーとの試合や彼がこれまで戦ってきた相手との試合を見て欲しい。コーミエに留まることを望んだときのように、私は今でも彼らが世界最高の選手だと思っている。議論は常に尽きないものだし、トップを去ることは決して悪いことではない。お金について言えば、ハビブはすでにたくさんのお金を持っているからね。彼はもう働く必要がないし、大金を稼ぐだけの能力も持っている。選手としては唯一無二の立場にいるんだ。でも彼はもう一度戦うべきだと思うし、彼が戦うように懸命に働きかけているところだよ」

「プロモーターとしては常に世界最高の選手を求めているが、同時にプロモーターとしては、選手が引退したいと思っているときや頭をよぎったときは、おそらくそうすべきだ。ハビブのような選手との違いは、彼はこれまで色々なことを経験してきたし、特に父親を亡くしたことは大きな出来事だった。彼らは常に一緒にいたし、彼の父親は30勝無敗を望んでいたんだ。でもファンとしては、ハビブにあと10試合は戦って欲しいけどね」

UFC229でコナー・マクレガーに勝ったヌルマゴメドフは、その後再戦については何度も興味がないと否定しています。

1月23日のUFC257でダスティン・ポイエーとの対戦を控えるマクレガーですが、ホワイトはもしこの試合に勝利すれば、マクレガーがタイトル戦に関わってくると示唆しています。

「みんなが個人的にコナーをどう思おうと、コナー・マクレガーは世界最高の選手の一人であるだけでなく、史上最高の選手の一人だ。今彼はこれまでと同じくらい集中しているよ。ポイエー戦の後もこのコナーが続くかどうかはわからないけどね。知っての通り、コナーにはアップダウンがあるからだ。でも今のコナーが続くとしたら、もう一度ハビブ対コナーをやらないわけにはいかないだろう?この階級はタフな選手たちが多くいるし、もしハビブが引退した場合、コナーがポイエーに勝ってタイトル戦をするとしたら、誰であろうとその時点で最高の選手がコナーと対戦することになるだろうね」

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。